プレスリリース

人生100年時代構想を見据えた自費診療の治療や経営について情報発信する「自費研online」が全面リニューアル

公開日:2018/03/23

医師・歯科医師を対象とした、自費診療特化型の治療、経営情報をこれまで以上に幅広く深い厳選記事にして無料で配信。コミュニケーション機能を搭載し、よりパワーアップしました。

(株)エスエス・ファシリティーズ(本社:東京都新宿区、代表取締役:佐々木威人)が運営する医師、歯科医師、医療関係者を対象とした情報サイト「自費研online」(ジヒケンオンライン)が全面リニューアルしました。昨今の医療機関経営の課題を解決するために注目されている自費診療。多くの医師・歯科医師から寄せられた、より豊富な情報が欲しいとの声にお応えし、大幅なコンテンツ増強とリニューアルを行いました。ほかにも、記事のクリッピング機能の搭載やスマートフォン表示対応など、より使いやすいサイトになっております。

「自費研online」が全面リニューアル

自費研online 主なリニューアルポイント

1.自費診療コンテンツがさらに充実
治療、経営、ニュースというカテゴリーで、自費診療に特化した厳選記事をこれまで以上に幅広く、深くお届けします。セミナー、自費診療関連商品の情報も豊富に公開。マイページを利用して、申し込んだセミナー申し込みや問い合わせを確認することもできます。

【コンテンツの一例】
■経営コンテンツ「ドクターズ・ライフ」
■経営コンテンツ「サクセスストーリーで読む、収益向上」
■治療コンテンツ「臨床の現場から」
■治療コンテンツ「自費診療 治療と検査」
■ニュースコンテンツ「押さえておきたい医療行政」
■ニュースコンテンツ「学会リポート」

2.会員専用の「クリップ」機能をスタート
会員(登録無料)が閲覧できる限定コンテンツに加えて、このたび、新しい機能をご用意しました。気になる記事にコメントを残せる「クリップ」機能です。ご自分のコメントを残した「クリップ」は後でまとめて見返すことが可能です。自費研からお届けした情報に関して、医師と医師のあいだで情報・意見の交換をして頂けます。

3.スマートフォンに対応
仕事の合間にサッと読んでいただけるようになりました。新しい検索機能で、お探しの情報を簡単に収集して頂けます。

「自費研online」が全面リニューアル

自費研とは

人生100年時代を見据えた経済社会のあり方が国家構想として検討されていますが、こうした超長寿社会において、人々は活力をもって時代を生き抜いていくことが求められています。生活者はその潮流に敏感に反応し、自らの健康に対する意識と行動を変化させています。
医療機関に対する患者のニーズも、治療から予防へ、そしてウェル・エイジングへと大きくシフト。このような市場の変化拡大を捉え、医療機関に求められる変革の方向性を見極めながら、自費診療を行うクリニックに、治療、マーケティング、経営などの幅広い情報をご提供することで、医療機関に「強い経営」を実現していただくことが自費研のミッションです。
自費研は、ウェブサイト「自費研online」のほか、会報誌「自費研plus」(じひけん・ぷらす)、セミナーやカンファレンスというリアルイベントを通じて、医師と歯科医師の皆様に新鮮で有益な自費診療経営に関する情報をお届けしています。

「自費研online」が全面リニューアル

■本件に関する報道関係者からのお問合せ先
  • 株式会社エスエス・ファシリティーズ
  • 経営企画室  北浦奈緒美(きたうらなおみ)
  • 〒160-0022
    新宿区新宿5-17-5 ラウンドクロス新宿5丁目5F
  • 03-5155-3909
  • http://www.ss-facilities.co.jp/

セミナー情報一覧

セミナー情報一覧

お問い合わせ・資料請求

自費研Plus+
自費診療・医療法対応コンサルティングサービス
顧問S

特集

点滴バイキング

点滴バイキング

お好みのクイック点滴と、オリジナルサプリメントでカラダに栄養補給。

クリニックチャンネル

クリニックチャンネル

院内の待ち時間を有効的に活用しませんか?[増患支援]

タイアップ

自費研
スペシャリスト講師陣による質の高い自費診療セミナー<医師・歯科医師対象>
とらメディコ
キャリアアドバイザーが病院を潜入レポート!看護師求人WEBマガジン
おし研
看護師さん向け転職サポートイベント情報。おしごと研究会。
美容整形ジョブ!
国内最大級の求人を誇る、美容クリニック専門看護師求人紹介サービス。
美容医局
国内最大級の求人を誇る、美容クリニック専門医師師求人紹介サービス。

 

チャリティープロジェクト

チャリティープロジェクト

小さなことでも何かしようよ!現在ラオスで井戸をつくっている中。チャリティープロジェクトとして次は学校建設に向けて進んでいます。